Webパーツについて | Synergy! サポートページ

Webパーツについて

■Webパーツとは
■Webパーツ作成のフロー
■Webパーツの一覧 
■ドメインについて ※2017年6月28日以前にSynergy!をご契約されたお客様は必ずお読みください!

Webパーツとは

Webサイト訪問時に、訪問者の行動履歴データ、属性に応じてコンテンツを表示し分けることができる機能です。
Webサイトに訪れたそのチャンスを逃さず、訪問者に合わせたメッセージを確実に届けることができます。

ご利用は別途契約が必要です。詳細は担当営業へお問い合わせください。

Webパーツ稼働の条件

Webパーツは、ページに設置されたトラッキングタグを使ってSynergy!のデータベースにある顧客を特定し表示させる仕組みです。
そのため、あらかじめページへアクセスしたブラウザが「誰の」ブラウザなのかをSynergy!の顧客データ(Synergy!ID)と紐付けておかなければ、稼働しません。
※Webパーツの標準クリエイティブは紐付けに関係なく表示されます。

Webパーツを利用する際は、事前に顧客のブラウザとマスターデータベースの顧客データ(Synergy!ID)を紐付けるポイントを用意した施策をご検討ください。
詳細はこちらをご覧ください。

Webパーツ作成のフロー

  1. 新規作成
  2. クリエイティブの作成
  3. 設定画面の詳細設定
  4. Webページへ表示タグの設置
    ※トラッキングタグが設置されていないWebページにはトラッキングタグの設置も必要です。
  5. 完了

Webパーツの一覧

①顧客トラッキング率を表示します。

 

顧客トラッキング率とは?

Synergy!に格納されている顧客データの中で、今どれくらいの顧客をトラッキングできているのかを表す指標です。※集計は日次(深夜)で行われます。
Webパーツのクリエイティブで絞り込みを利用した場合、配信対象となる顧客の割合を把握することができます。

顧客トラッキング率 = トラッキング数 ÷ 総顧客数
トラッキング数:90日以内に1件以上の行動履歴が記録されているマスターデータベースのデータ件数
総顧客数:マスターデータベースのデータ件数

トラッキングについてはこちらをご覧ください。

※トラッキングはCookieを用いて行われますが、Cookieはお客様側で削除や無効に設定することができるため目安としてご利用ください。

②エクスポートしたデータをダウンロードします。

③Webパーツを一括で選択します。

④新規にWebパーツを作成します。

⑤Webパーツを公開状況で絞り込みます。

⑥Webパーツをフォルダ管理します。
ご利用方法についてはこちらをご覧ください。

⑦選択したWebパーツをフォルダ移動します

⑧選択したWebパーツを非公開にします。

⑨選択したWebパーツを削除します。

⑩選択したWebパーツの実績を一括エクスポートします。

⑪Webパーツを検索します。
検索可能な項目は「ID」「名前」「最終更新者(ユーザ名)」です。

⑫Webパーツを選択します。

⑬公開状況を表示します。
「公開中」「非公開」の2種類で表します。

⑭「名前」「ID」「最終更新日時」「最終更新者」を表示します。

⑮レポートを表示します。
「公開中」のWebパーツは「レポート」ボタン、「非公開」のWebパーツは「編集」ボタンになります。

⑯その他のメニューを表示します。
公開状況によってメニューが変わります。
公開中・・・「編集」「コピー」を表示します。
非公開・・・「コピー」「レポート」を表示します。

ドメインについて

【2017年6月28日以前にSynergy!をご契約されたお客様】はWebパーツ機能を契約するとフォームURLやクリックフィードバックURLなどのドメイン『f(us).msgs.jp』が、アカウントごとに異なるドメイン『xxxx.f.msgs.jp』(xxxx部分は自動割り振り)に変わります。
※アカウント・・・ログイン時に入力する9桁の「ユーザID」の最初の5桁(1契約)
※独自ドメインを利用の場合は対象外です。

<ドメイン一覧表>

Webパーツ機能
契約なし
Webパーツ機能
契約あり
Webパーツ機能
契約解除
独自ドメイン
契約あり
独自ドメイン
契約解除
2017/6/28以前にご契約 f(us).msgs.jp ××××.f.msgs.jp ××××.f.msgs.jp 独自ドメイン ××××.f.msgs.jp
Webパーツ機能契約に関係しない
2017/6/29以降にご契約 ××××.f.msgs.jp ××××.f.msgs.jp ××××.f.msgs.jp 独自ドメイン ××××.f.msgs.jp

ドメインの変更対象機能一覧

[データベース、フォーム]
・フォームURL
・コンテンツ管理のURL
・ブランクメールの登録 / 登録取消 / フォームURL

[メール配信]
・クリックフィードバックURL
・埋め込みコマンドで設置した各種フォームやアンケート(自動ログインを含む)URL

[アンケート]
・アンケートURL

[問い合わせ管理]
・問い合わせフォームURL

※作成済みのフォームURLや配信済みのクリックフィードバックURLなどに影響はありません。『f(us).msgs.jp』ドメインでもアクセスが可能です。

一部フィーチャーフォン機種での表示について

変更後のドメイン『xxxx.f.msgs.jp』には、ワイルドカードのSSLサーバー証明書を使用しており、一部のフィーチャーフォン機種でのWebページ閲覧が非対応となります。



この記事へのご意見、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への返信はできません。お問い合わせの場合はこちらからお願いします。
この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...