トラッキング

1.トラッキングとは

アクセス解析用のHTMLタグ(トラッキングタグ)をWebページに埋め込むことにより、Synergy!側でWebページからのアクセス情報を行動履歴データとして蓄積することができる仕組みです。
Synergy!で用意しているトラッキングタグは自社のホームページなどに埋め込むことで、リターゲティングメールWebパーツなどの配信に利用できます。

蓄積された行動履歴データはSynergy!の内部に格納されるため、詳細を確認することはできません。

<トラッキングタグ設置の要不要>

行動 トラッキングタグの要不要
外部のWebサイトなど トラッキングタグの設置が必要
フォーム(フォーム機能) トラッキングタグの設置は不要
(システムが自動的に設置)
ブランクメール(フォーム機能)
メール(メール配信機能)

2.トラッキングタグの設置方法

1.「その他」>「共通設定」>「トラッキング」をクリックします。

2.トラッキングメニューより、トラッキングタグをコピーします。

3.設置したいWebページの</body>の直前にコピーしたトラッキングタグを設置します。

トラッキングタグの設置について

・トラッキングタグはどこへ設置していただいても動作しますが、HTMLソースの
 </body>タグの直前を推奨しています。

・Yahoo!タグマネージャーを利用すれば、Yahoo!タグマネージャーのタグカタロ
 グから簡単に設置できます。詳しくはこちらをご覧ください。

・Googleタグマネージャーなど他のタグマネージャーをご利用の場合も、同シス
 テムの管理画面で設定すればご利用は可能ですが、動作保証はおこなっており
 ません。十分な動作検証の上、ご利用ください。

・トラッキングタグは1アカウント(1契約)につき1つです。

3.トラッキングの仕組みと注意点

3.1 トラッキングの仕組み

Synergy!では、トラッキングタグを設置したページが閲覧されるとお客様のご利用ブラウザ(Cookie)にトラッキングを行うためのIDを埋め込みます。そのIDと顧客のSynergy!IDを紐付けることでトラッキングを行います。

トラッキングタグをWebページへ設置しても、そのページへアクセスした顧客が「誰なのか」をSynergy!のデータベースにある顧客データ(Synergy!ID)と紐付けなければ、リターゲティングメールやWebパーツは稼働しません。
※Webパーツの標準クリエイティブは紐付けに関係なく表示されます。

そのため、あらかじめマスターデータベースの顧客データ(Synergy!ID)と紐付けるポイントを用意した施策をご検討ください。

<Synergy!の顧客データ(Synergy!ID)と紐付けられるタイミング>

機能 紐付け動作
フォーム(フォーム機能) 新規/更新登録フォームからの登録
変更フォーム(変更・解除フォーム)などの認証画面を通過
ブランクメール(フォーム機能) 間接登録1・間接登録2での本登録
間接解除での本解除
メール(メール配信機能) メールの開封(HTMLメールをブラウザ上で開封し、開封確認を取得するための画像が開かれた場合のみ有効)
クリックフィードバックURLのクリック
自社サイト 外部ID連携タグが設置された会員サイトへログイン
※詳しくはこちらをご覧ください。

ITPの影響について

自社サイトにトラッキングタグを設置する場合は、上述した施策を実施してもブラウザによるITP(トラッキング防止機能)によりCookieが定期的に解除されたり、Synergy!に送られてこない可能性があります。可能な限りトラッキングタグは「外部ID連携タグ」と併用し、都度Synergy!の顧客データ(Synergy!ID)と紐付けていただくことをお勧めします。

ブラウザに紐付けられた「Synergy!ID」はCookieの有効期限(90日)とともに、上記の紐付けタイミングで上書きされます。
※アカウントID(ご契約)が異なる場合は、上書きされません。

Cookie情報の更新を伴うテスト実施の際の注意点(Webパーツ)

WebパーツのCookie情報更新はウインドウ(ページ)単位で行っています。
同じウインドウではCookie情報の更新に一定時間かかるため、テスト実施の際は都度新しいウインドウを開いてご確認ください。
※外部ID連携タグを設置している画面は除きます。

お客様の利用ブラウザと顧客データ(Synergy!ID)が紐付けられると、トラッキングタグが埋め込まれたページへアクセスしてから紐付けが行われるまでに行った顧客の行動履歴データ(最新3ヶ月分)もリターゲティングメールやWebパーツの配信条件に適用されます。※Cookieの有効期限(90日)にご注意ください。

例)Webページへ3回アクセスした顧客にリターゲティングメールを配信する
顧客データが紐付けられる前に2回アクセスしていれば、あと1回アクセスすることでメールが配信されます。

3.2 お客様の利用ブラウザと顧客データ(Synergy!ID)が紐付けられるまでの流れ

<フォーム登録・ログインの場合>

 

<クリックフィードバック・開封確認の場合>

 

<自社サイトの場合>

3.3 トラッキングの注意点

トラッキングには以下の注意点があります。ご確認ください。

1.トラッキングはCookieを用いて行うため、Cookieへの保存をすべてブロックしている場合やブラウザを閉じたときにCookieを削除する設定にしている顧客の行動データは取得できません。

2.JavascriptがOFFのブラウザでは、トラッキングタグが貼られたWebページ(フォームを除く)にアクセスしても、行動データは取得できません。

3.JavascriptがOFFのブラウザでは、Webページ(フォームを含む)へのアクセス時に行われるCookieとSynergy!IDの紐付けは記憶されません。

4.Do Not Track(トラッキング拒否)を設定しているブラウザの行動データも取得します。そのため、Do Not Trackの設定を行われているお客様にもリターゲティングメールが配信されます。

5.クリックフィードバックURLのクリック、メール開封の行動はトラッキング機能とは関係ありません。
そのため、CookieやJavascriptの設定がOFFのブラウザを利用していても、リターゲティングメールやWebパーツは配信されます。

6.フォーム登録やフォームログインを起点とするメール配信は、CookieやJavaScriptの設定に関係なく動作します。そのため、CookieやJavascriptの設定がOFFのブラウザを利用していてもリターゲティングメールは配信されます。

7.複数のトラッキングタグの設置等による、タグの競合に注意してください。
複数のトラッキングタグを同一ページに設置した場合、複数回カウントされるなどタグが正しく動作しない可能性があります。
また、Synergy!のフォームにはシステム側で自動的にトラッキングタグが設置されています。フォームに他社のタグマネージャーのタグを設置する場合は、二重カウントされないようにタグマネージャーの設定において、フォームではトラッキングタグを動作させないようにしておく必要があります。

8.マスターデータベースの顧客データを洗い替えするなどしてSynergy!IDを変更された場合、行動履歴データは利用できません。

4.外部ID連携タグの設定方法(Cookie Sync拡張機能)

外部ID連携タグは、顧客の利用ブラウザとSynergy!IDの紐付けを自社の会員サイトへのログインを通じて行うことができるタグです。

トラッキングの仕組みにも記載したように、トラッキングタグをWebページへ設置しても、そのページへアクセスした顧客が「誰なのか」をSynergy!のデータベースにある顧客データ(Synergy!ID)と紐付けなければ、リターゲティングメールやWebパーツは稼働しません。
※Webパーツの標準クリエイティブは紐付けに関係なく表示されます。

そのため、いかに多くの顧客の利用ブラウザ(Cookie)にトラッキングを行うためのIDを埋め込むかが重要です。
もし、自社で運営されている会員サイト(ECシステムなど)があれば「外部ID連携タグ」を設置することで、そのサイトへのログインを通じてより多くのブラウザとSynergy!の顧客データを紐付けることができます。

<外部ID連携タグによる紐付けの流れ>

外部ID連携タグによる紐付け設定の手順

1.自社会員サイト(ECシステムなど)の会員情報を出力し、Synergy!のマスターデータ
  ベースへ定期的に更新登録(インポート/自動データ処理)を実施する運用を整える。

  ※自動データ処理は、指定した領域にインポートデータを連携することで、自動的に
   Synergy!のデータベースへデータを登録できるオプション機能です。ご入用の際は、
   担当営業へご連絡ください。
  ※会員ID(会員サイトへのログインIDなど顧客ごとに異なるもの)を格納する項目は
  マスターデータベースのSynergy!ID、文字型、数値型のいずれかで、かつ更新キー
  設定してください。個人情報を格納した項目は利用できません。

2.外部ID連携タグを自社会員サイトのログイン後のページ(複数ページ可)に設置
  する。

  ※外部ID連携タグには、データ送信元システムID(会員サイトへのログインIDなど
   顧客ごとに異なるもの)を設置する必要があります。

手順1で登録した自社会員サイト(ECシステムなど)の会員ID(会員サイトへのログインIDなど顧客ごとに異なるもの)を格納した項目を「外部IDを格納する項目」のプルダウンより選択し、外部ID連携タグを取得してください。
※プルダウンより選択できる項目は、更新キーに設定済みの「Synergy!ID」「文字型」「数値型」のいずれかで、かつデータベース設計にて「個人情報の対象とする」へチェックが付与されていない項目です。

その後、外部ID連携タグの
[__tdata[“synergy.oct.syncValue”] = “ここにデータ送信元システムIDを設置“;]
部分へデータ送信元システムIDを設置して会員サイトへ設定してください。

外部ID連携タグの設置について

・外部ID連携タグは動的に変化するデータが含まれるため、タグマネージャーはご利用
 いただけません。

 会員サイトのHTMLソースへ直接設置してください。

・トラッキングタグ(トラッキングタグを設定したタグマネージャーのタグを含む)
 とセットで設置してください。

 ※外部ID連携タグのみ設置しても、顧客の利用ブラウザへトラッキングを行うためのIDは
  埋め込まれません。

・トラッキングタグ(タグマネージャーのタグを含む)の直前に設置してください。

・データ送信元システムID の設置箇所に “undefined” の文字列は指定できません。
 ”undefined” の値を持つ顧客が存在する場合でも、その顧客は特定できませんのでご注意
 ください。

5.カスタムイベント連携タグの設定方法

カスタムイベント連携タグは、Webページに設置することで、例えば下記のような行動データをSynergy!の行動履歴(カスタムイベント履歴)に格納することができるタグです。
取得した行動履歴データはメール配信などの絞り込みに活用できます。

例)
・Webサイト上のボタンを押下した
・サポートページのチャットを開いた、閉じた
・ページを閉じた(ブラウザの✕をクリックした)
・入力項目の3つ目まで入力した
・ページの中央より下までスクロールした

カスタムイベント連携タグの設定手順

行動データを取得したいページに、Synergy!で発行する3種類のタグを設置します。

1.「その他」>「共通設定」>「トラッキング」をクリックします。

2.下記3つのタグをコピーします。
 ・トラッキングタグ(Webページへのアクセスを取得する)
 ・外部ID連携タグ(お客様のブラウザとSynergy!IDの紐付けを行う)
 ・カスタムイベント連携タグ(Webページへのアクセス以外の行動を取得する)

3.カスタムイベント連携タグに「行動を取得したいボタンなど」の情報を書き込みます。

キーと値の指定について

・キーは半角英数小文字 .(ピリオド)  _(アンダーバー)で指定してください。
 ※正規表現:(?:[a-z0-9_]+\.)*[a-z0-9_]+
・キーの指定は必須です。値は任意のため、空文字やvalueを指定しなくても利用できます。
・キー、値ともに最大100文字まで指定できます。100文字を超えると送信ができません。
・1分間に60回まで送信できますが、60回を超えたデータは行動履歴に格納されません。

4.設置したいWebページの</body>の直前にコピーした各種タグを設置します。

Synergy!の各種フォームの完了画面や、変更フォーム(変更・解除フォーム)のログイン後(認証画面通過後)の画面で行動データを取得する場合は、カスタムイベント連携タグのみを設置してください。
実際の設置例は「ボタンがクリックされた情報を取得する」を参考にしてください。

外部ID連携タグは、トラッキングタグ(タグマネージャーのタグを含む)の直前に設置してください。

外部ID連携タグの必要性について

カスタムイベント連携タグにて行動データを取得するには、事前にお客様の利用ブラウザと顧客データ(Synergy!ID)が紐付けされている必要があります。
しかしながら、「トラッキングの仕組み」に記載した施策を実施しても、近年のITPの機能強化による影響により紐付けが解除されたり、紐付け情報がSynergy!に送られてこない可能性があるため、「外部ID連携タグ」の設置を行い、対策するようにしてください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。