オプトアウト

■オプトアウトとは

Synergy!ではさまざまなタイミングで顧客の行動履歴を取得しています。
オプトアウト機能は、顧客がSynergy!からの一部の行動履歴の取得を拒否できる機能です。
オプトアウトさせたいページに直接タグ(コード)を埋め込んでご利用ください。
※行動履歴は、メール配信やエクスポートなどの絞り込み条件で利用できるものです。
※オプトアウトのタグは、その他>共通設定>オプトアウトより取得できます。

オプトアウトできる行動履歴一覧

・ページ閲覧履歴
・Webパーツ配信履歴
・Webパーツクリック履歴

フォームに独自ドメインをご利用の場合は以下の行動履歴もオプトアウトできます。
・フォームログイン履歴
・フォーム登録履歴
・フォームアクセス履歴
※「フォームログイン」「フォーム登録」のリターゲティングメールに影響はありません。

 

■オプトアウトサンプル

オプトアウトについての掲載見本です。
画像をクリックすると、下記デザインのHTMLファイルをダウンロードできます。
※ダウンロードしたHTMLファイルはそのままご利用いただくことができます。
 利用条件については、このページ下部の「サポートページで提供する素材の
 ご利用における注意点」をご確認ください。

・オプトアウトのタグを設置したページのドメインが対象となります。
・オプトアウトは、オプトアウトしたブラウザでのみ有効です。
・標準ドメイン(msgs.jp)はオプトアウトできません。

サブドメインもまとめてオプトアウトさせたい場合は・・・

オプトアウトのタグを設置したページのドメインだけでなく、他のページで利用しているサブドメインも含めてオプトアウトさせたい場合は、操作画面から取得したオプトアウトタグを以下の例のように修正してください。

例)オプトアウトを設置したページのドメイン:●●●.×××.com
  オプトアウトさせたいページのドメイン:●●●.×××.com , ×××.com ,
                     ▲▲▲.×××.com

  <オプトアウトのタグ>
  「null」部分をサブドメインなしのドメインに書き換えます。
  【修正前】domain: null → 【修正後】domain: ×××.com

HTMLタグの詳しい記述方法については、サポート対象外としております。


※サポートページで提供する素材のご利用における注意点※

サポートページでは、お客様がフォームなどを柔軟にカスタマイズするための参考情報として、各種素材(サンプルフォーム や HTMLソース や JavaScript など)を提供しております。
それらの素材は改変を含めて無償でご利用いただけます。また、ライセンス表示も不要です。

提供している素材は条件によっては期待する動作とはならない可能性がございますので、十分に動作検証を行うようにお願いいたします。
また、ご利用に際して何らかの損害が生じた場合でも、保障はいたしかねますのでご了承ください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。