自動ログインURLに有効期間を設定する | Synergy! サポートページ

自動ログインURLに有効期間を設定する

「その他」>「共通設定」>「自動ログイン有効期間」をクリックします。

自動ログインURLの有効期間設定には、「ユーザ管理権限」が必要です。

  • 設定しない(期限なし)

    有効期間を設定しない場合は「設定しない」にチェックを入れてください。
    ※初期設定では、「設定しない」にチェックが入っています。

  • 設定する

    有効期間を設定する場合は、「設定する」にチェックを入れ、有効期間を入力します。
    有効期間は「1~999」の範囲で設定してください。
    ※有効期間は現在日付に追加する形で設定されます。

    有効期間の設定例

    自動ログインURLの有効期間は、以下のようになります。

    2011年9月1日に配信したメール上で、

    ・「 1 」日で設定した場合⇒2011/09/02 23:59:59まで自動ログインが可能

    ・「 7 」日で設定した場合⇒2011/09/08 23:59:59まで自動ログインが可能

    有効期間を設定した自動ログインURLについて

    有効期間を設定した自動ログインURLには、URLの末尾部分に日付を表すパラメータが設定されます。

    有効期間を設定したURLの例)

    https://f.msgs.jp/webapp/form/1**_**_*/autocert.do?param=**&sid=**&trm=20110809

    ※ f.msgs.jp の部分はお客様によって異なる場合があります。
    ※パラメータ「trm」および「期限日(ここでは2011/08/09)」が設定されています。

    有効期間が切れたあとにログインした場合、「自動ログインエラー画面」のメッセージが表示されます。

    ●フォームの画面設定についての詳細は、「フォーム」マニュアルの「フォームの画面設定」を参照してください。



この記事へのご意見、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への返信はできません。お問い合わせの場合はこちらからお願いします。
この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...