5.配信日時設定-ステップメール

配信日時の指定と、過去のデータを遡って配信対象に加えるかどうかを設定します。

  • 対象項目

    シナリオで設定した配信基準項目が表示されます。

  • 配信日

    配信する周期を設定します。

  • 1週間は日曜から土曜までになります。
    (例)メールを設定した日が4/2の日曜日であった場合、
       1週間後の水曜日は4/12の水曜日になります。

  • 配信時刻

    配信する時刻を設定します。

    配信時間制限を設定されている場合の挙動について

    配信時刻が設定されている配信時間制限に当たる場合は、指定した時刻に配信が行われません。
    配信時間制限時刻を過ぎると、自動的に配信が行われます。
    設定についての詳細はメール配信マニュアルの「高度な設定」の「配信時間制限設定」を参照してください。

  • 過去分配信可能日数

    設定した配信基準日から遡った日付の顧客まで配信対象に含めるかどうかを設定します。

    過去分配信可能日数を設定すると、すでに過ぎた基準日で登録された方にも、必要なメールを配信することができます。

    ※「固定型」のステップメールの場合は設定することができません。

    • なし
      過去の基準日は配信対象としません。

    • あり
      設定した日数分、過去の基準日に登録された顧客を配信対象とします。

    過去分配信可能日数について

    設定すると、新規でステップメールを作成した場合などに、本来であれば配信日を過ぎており配信されない顧客を遡って配信対象とすることができます。

    本来配信される期日を過ぎた遡り分のステップメールは、実際の配信シナリオに追いつくまで毎日配信され、その後通常の配信シナリオに沿って配信されます。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。