リリース
2022年5月9日

[2022/5/17]【重要】機能改善リリースについて

2022年5月17日早朝に以下のとおり機能改善を行います。
作業中も各サービスは停止することなく通常どおり利用できます。

◆改善・変更・不具合:14件

全般

・推奨環境にWindows11を追加
現在の推奨環境はこちらをご覧ください。

データベース(新バージョン β版)

データ検索

・メール配信実績にメール本文のプレビュー機能を追加NEW
メールの件名をクリックすると、本文のプレビューとクリック履歴を表示します。

・新規顧客登録および顧客データの編集画面では設定された表示項目を初期表示するよう変更
「表示項目の設定」で指定された項目のみを初期表示しますが、「すべての項目を表示する」にチェックを付与することで全項目が表示できます。

データ一括操作

・履歴データ一括更新、履歴データ一括削除機能を追加NEW

・実行した一括操作の対象件数を実行時の対象件数で表示するよう変更
実行した一括操作の「設定の確認」で表示される対象件数を「現在の対象件数」から「実行時の対象件数」に変更します。

・エクスポート時、絞り込み条件に合致するデータのみ出力するよう変更
選択したデータベースの全件をエクスポートする仕様でしたが、絞り込み条件に合致するデータのみエクスポートするように変更します。
※履歴データ一括追加は、これまでどおり履歴型データベースを全件エクスポートします。

ランダム抽選

・新バージョンのランダム抽選を追加NEW
新しいランダム抽選機能です。顧客データを元に当選件数や割合を指定して抽選し、当選者のデータ項目にフラグを付与します。
画面上部の「使ってみる」ボタンより画面を切り替えてご利用ください。画面を切り替えた後も旧バージョンに戻すことができます。

<新しいランダム抽選機能の特徴>
1.一覧画面に実行履歴が残ります。
ランダム抽選のステータスや実行日時、絞り込み条件の確認ができます。
※履歴は過去30日以内の最新100件のみ表示されます。

2.実行内容の保存ができます。
よく利用する操作内容を保存しておくことで、簡単に再実行することができます。

こんな方にオススメ!!

・プレゼント応募した顧客の中からランダムに当選者を確定させたい
・過去の実行履歴を簡単に確認したい
・決まったランダム抽選をミスなく簡単に実行したい

フォーム(新フォーム管理)

・各画面のタイトル編集およびメッセージ編集エリアに埋め込みコマンドが利用できるよう変更
入力画面(変更フォーム / パスワード再設定フォームのみ)、確認画面(変更フォームのみ)、完了画面で利用できます。

・ドリルダウン設定の選択項目(子項目)に「すべて選択」を追加

・登録件数リセット機能を追加NEW
フォーム編集>設定>基本設定にリセットボタンを追加します。
フォーム管理トップおよびフォーム編集画面ヘッダーの登録件数が0になります。
※登録件数をリセットすると、フォーム管理トップのエクスポートより出力できる登録データもリセットされます。
データベースに登録されたフォームの回答データは削除されません。

・外部サイトへのフォーム設置機能を追加NEW
埋め込みコードを外部サイトに設置することで、サイト上にフォームの全画面(例:入力画面~完了画面など)を埋め込むことができます。
※サイト上でフォームにデザインを記述したり、JavaScriptなどでフォームの動作をカスタマイズすることはできません。
※仮登録を設定したフォームとパスワード再設定フォームは、通知メールを送信するまでの画面が埋め込みの対象です。通知メールのURLからアクセスするフォームは、別ウインドウで直接フォームへ遷移します。
※埋め込みできるサイトの文字コードはUTF-8のみです。また、管理画面で設定したMETAタグは反映されません。

こんな方にオススメ!!

・自社サイトのドメインを使い、顧客に安心してフォーム登録させたい
・離脱を防ぐため、できるだけ画面遷移させずに情報登録させたい

・ジャーナルメールに返信先メールアドレス設定を追加NEW
ジャーナルメールの返信先にデータベースのメールアドレス型項目を指定できます。
顧客のメールアドレスを格納している項目を指定することで、受信したジャーナルメールの返信操作時、メーラーにてフォーム登録した顧客のメールアドレスが宛先に指定されます。


※メーラーの仕様により差出人メールアドレスが宛先に入ることもあります。

こんな方にオススメ!!

・問い合わせ内容をジャーナルメールで受信し、メーラーから直接顧客に回答したい。
・ジャーナルメールからの返信間違い(誤配信)を防ぎたい。
・ジャーナルメールからの返信時、宛先メールアドレスを指定し直す手間を省きたい。

その他

・「データ一括操作(β版)/ランダム抽選(β版)」権限を追加NEW
” 顧客情報の修正はさせるが、β版の一括操作はさせない ” 権限を作成できます。
※リリース時点で「顧客情報修正」権限が付与済みのユーザには、自動的に「データ一括操作(β版)/ランダム抽選(β版)」権限が付与されます。
※データ一括操作(β版)およびランダム抽選(β版)の操作には「顧客情報修正」と「データ一括操作(β版)/ランダム抽選(β版)」両方の権限が必要です。

・データベースAPIにてAPI定義時にnullableプロパティを指定した場合、OpenAPI Document取得時にnullableプロパティが追加されるよう変更

詳細は、弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。


■リリース作業中のSynergy!の動作について
Synergy!の全サービスにおいて、リリース作業に伴うサービス停止はございません。

■推奨環境外でのご利用は、デザイン崩れが発生したり今後利用できない機能が増える可能性があります。
お早めに推奨環境にアップグレードをお願いいたします。
※現在のSynergy!の推奨環境についてはこちらをご覧ください。

■弊社では今後とも、Synergy!の改善に積極的に取り組んでまいります。
Synergy!のご利用上、ご意見・ご要望などがございましたらお気軽にお寄せください。