セキュリティ | Synergy! サポートページ

セキュリティ

フォーム(β版)のセキュリティを設定します。

1.reCAPTCHAとは

Google社が提供しているbotによる大量投稿(スパム)などの迷惑行為からサイトを保護するためのシステムです。
フォームにreCAPTCHAを設定すると、入力画面の「送信」ボタン押下時にGoogle側でbotかどうかの判定が実施されます。botの疑いが極めて高い場合は、入力画面にエラーメッセージを表示し登録を防ぎます。
※「reCAPTCHA v3」に対応しているため、フォーム登録時に顧客側での認証操作は不要です。

botと判定された場合は、入力画面の「送信」ボタン押下時に、”Google の reCAPTCHA による判定の結果、bot による登録の疑いが強いため、登録できません。ブラウザやデバイスなどのアクセス環境を変えてご利用ください。”とのエラーメッセージが表示されます。


2.reCAPTCHA設定

Synergy!のフォーム > 新フォーム管理β > reCAPTHAを設定したいフォームの【編集】> 設定タブ >セキュリティより設定します。※設定は任意です。

この画面で設定される内容はreCAPTCHAの共通設定です。編集を行うとreCAPTCHAの使用設定が「ON」のフォーム(β版)全てに適用されます。

  • 使用設定

    reCAPTCHAを利用する際は、設定を「ON」に切り替えます。
    ※初期設定はOFFの状態です。

    設定をONにする際は、先にreCAPTCHAキーの設定を完了する必要があります。

  • reCAPTCHAのキー / reCAPTCHAロゴの表示
    • reCAPTCHAのキー
      「サイトキー」と「シークレットキー」を設定します。
      これらの取得方法は 3.reCAPTCHAキーの取得 をご覧ください。

    • reCAPTCHAロゴの表示
      reCAPTCHAのロゴ画像の表示/非表示を選択します。
      ※「表示する」を選択すると、フォームの入力画面、確認画面の右下にロゴ画像が表示されます。「表示しない」を選択すると、送信ボタン下部に「reCAPTCHA で保護されています」の文字が表示されます。

  • フォーム公開前に必ずプレビューで動作確認をお願いします。
    また、「送信」ボタン押下時にreCAPTCHAのエラーが表示される場合には、こちらのページをご確認ください。

    最後に、公開状況へお進みください。
    ここで設定を一時停止する場合は、画面右上の「設定を保存する」をクリックして、これまでの設定内容を保存したうえで画面遷移を行ってください。

3.reCAPTCHAキーの取得

※設定にはGoogleのアカウントが必要です。

1.Google社のreCAPTCHAページでreCAPTCHA情報を取得します。
画面右上にある Admin console のリンクをクリックしてください。

2. 画面右上の「+」作成ボタンをクリックしてください。
「新しいサイトを登録する」の入力画面が表示されます。

3. 設定画面で必要事項を入力し、「reCAPTCHA 利用条件に同意する」のチェックボックスにチェックを入れて、【送信】ボタンをクリックします。

  • ラベル

    管理用のラベルです。任意の名称を入力します。

  • reCAPTCHA タイプ

    reCAPTCHAのタイプを指定します。「reCAPTCHA v3」を選択します。

  • ドメイン

    設置するフォームのドメインを入力します。
    例)フォームURLが「https://***.f.msgs.jp/n/form/***/***」の場合、ドメインは「***.f.msgs.jp」になります。

4. reCAPTCHA のキーが発行されます。
コピーして 2.reCAPTCHA設定 に設置してください。

※GoogleおよびGoogleのロゴはGoogle LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。



この記事へのご意見、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への返信はできません。お問い合わせの場合はこちらからお願いします。
この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...