メールアドレス型 | Synergy! サポートページ

メールアドレス型

メールアドレス型(新フォーム管理)の項目編集を行います。
項目一覧やリアルタイムプレビューの項目をクリックして、各入力項目の表示形式などを設定します。

プレースホルダー以外の文言設定箇所にHTMLタグが使用できます。

  • データベース項目

    項目の型、項目名、個人情報の対象を表示します。※項目名、個人情報の対象はデータベース設計より変更できます。

  • 表示形式

    フォーム上に表示させる入力枠の形式を選択します。

  • 表示名称

    入力枠のタイトルを入力します。初期状態では、データベース項目名が表示されています。※300文字まで入力できます。

  • 表示コメント

    表示名称の下に表示する文章を入力します。※4000文字まで入力できます。

  • プレースホルダー

    入力枠の中に入力例を記載します。※4000文字まで入力できます。

  • 注意書き・凡例

    入力枠の下に表示する文章を入力します。※4000文字まで入力できます。

  • 必須判定

    必須入力か任意入力かを選択します。
    フォーム入力時、必須の項目をすべて入力しなければ、エラーメッセージが表示され、次のページに進むことができません。
    「必須」を選択すると、「必須判定エラーメッセージ」で未入力の場合に表示するエラーメッセージを4000文字以内で編集できます。
    「マークを表示する」にチェックを付与すると表示名称に必須や任意マークが表示されます。

    • ドメイン

      表示形式で「プルダウン追加型」を選択した場合に表示されます。
      選択させたいドメインの@以降を入力して「追加する」をクリックしてください。
      追加したドメインは作成順の表示となり、順番を並び替えることはできません。
      プルダウンの動きは、右上の「設定を保存する」をクリックし、「プレビュー」ボタンからご確認ください。

  • 再入力

    再入力欄を設けることができます。上下2つの入力内容が一致しなければ次の画面へ進めません。
    「再入力エラーメッセージ」には上下の入力内容が一致しない場合に表示するエラー文言を4000文字以内で設定します。

  • 入力補正

    入力内容を自動変換して登録します。設定をONに切り替え、自動変換のパターンを指定してください。

  • 入力エラーメッセージ

    項目編集で設定した制限を超える入力があった際に表示するエラー文言を設定します。※4000文字まで入力できます。

    メールアドレス型項目ではこちらの形式を満たさない場合、入力エラーになります。

続いて、確認画面へお進みください。
ここで設定を一時停止する場合は、画面右上の「設定を保存する」をクリックして、これまでの設定内容を保存したうえで画面遷移を行ってください。



この記事へのご意見、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への返信はできません。お問い合わせの場合はこちらからお願いします。
この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...