非表示項目設計について | Synergy! サポートページ

非表示項目設計について

フォームの入力データと一緒に、データベースへ登録日時や文字、数値などの初期値を記録することができます。
ここで設計した値は、フォームには表示されません。

表示項目に使用されているデータベース項目は、非表示項目に設計できません。

非表示項目(初期値)の利用例

  • 新規登録フォームで、データベースの日付型項目に会員登録日を記録する。
  • キャンペーン用の登録フォームなどで、データベースの単一選択型項目にチェックを付けるよう設定し、効果測定に利用する。
  • 更新登録フォームで、メール受信拒否フラグの「拒否しない」にチェックを付けるよう設定し、過去にメルマガを解除した顧客の「再登録用フォーム」として利用する。


この記事へのご意見、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への返信はできません。お問い合わせの場合はこちらからお願いします。
この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...