推奨環境と環境設定

1.推奨環境

OS 推奨ブラウザ
Windows 8.1 Google Chrome(最新版)
Chromium版 Microsoft Edge(最新版)
Windows 10 Google Chrome(最新版)
Chromium版 Microsoft Edge(最新版)
Windows 11 Google Chrome(最新版)
Chromium版 Microsoft Edge(最新版)

※2022年2月28日をもってInternet Explorerを推奨環境から取り下げました。詳細はこちら
※2020年1月15日以前のMicrosoft Edge(旧版)、Chromium版 Microsoft EdgeのInternet Explorerモードは推奨環境ではありません。

◆推奨環境外でご利用のお客様◆
推奨環境外でのご利用は、デザイン崩れが発生したり今後利用できない機能が増える可能性があります。お早めに推奨環境にアップグレードをお願いいたします。

貴社側で特定のサイトのみにアクセス許可を設定されている場合は、許可するURLをカスタマーサポートまでお問い合わせください。

2.セキュリティレベルの設定

各ブラウザで、JavaScript、Cookie、TLS 1.2を有効にする必要があります。設定方法は下記をご覧ください。

2.1 Google Chrome

JavaScriptを有効にする方法

  1. Google Chromeのメニューアイコン(画面右上の縦三つの点)をクリックします。

  2. 「設定」をクリックします。

  3. 左メニューの「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

  4. 「サイトの設定」>「Javascript」をクリックします。

  5. 「許可(推奨)」のスイッチをクリックし、「オン(青)」にします。

Cookieを有効にする方法

  1. Google Chromeのメニューアイコン(画面右上の縦三つの点)をクリックします。

  2. 「設定」をクリックします。

  3. 左メニューの「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

  4. 「サイトの設定」>「Cookieとサイトデータ」をクリックします。

  5. 「すべてのCookieをブロックする」以外のいずれかにチェックを付与します。
    ※貴社のセキュリティレベルに合わせて選択してください。

セキュリティの設定方法

Google Chromeは最新版の場合、セキュリティ設定を確認する必要はありません。

2.2 Chromium版 Microsoft Edge

JavaScriptを有効にする方法

  1. Microsoft Edgeのメニューアイコン(画面右上の横三つの点)をクリックします。

  2. 「設定」をクリックします。

  3. 左メニューから「Cookieとサイトのアクセス許可」をクリックします。

  4. 「JavaScript」をクリックします。

  5. 「許可(推奨)」のスイッチをクリックし、「オン(青)」にします。

Cookieを有効にする方法

  1. Microsoft Edgeのメニューアイコン(画面右上の横三つの点)をクリックします。

  2. 「設定」をクリックします。

  3. 左メニューから「Cookieとサイトのアクセス許可」をクリックします。

  4. 「Cookieとサイトデータの管理と削除」をクリックします。

  5. 「Cookieデータの保存と読み取りをサイトに許可する(推奨)」のスイッチをクリックし、「オン(青)」にします。

セキュリティの設定方法

  1. PC画面の左下「ここに入力して検索」箇所で【インターネットオプション】を検索
    ※検索ボックスが表示されていない場合は、タスクバーで右クリックし「検索>検索ボックスを表示」をクリックすると表示されます。

  2. 「詳細設定」タブをクリックし、【TLS1.2の使用】にチェックを入れます。

  3. 【適用】【OK】とクリックします。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。