メール配信における送信ドメイン認証対応の推奨

【送信ドメイン認証とは】
メールが正当なメールサーバから送信されたものかを判断する認証技術のことで、メールの送信元IPアドレスとメールの差出人メールアドレスのドメイン名(@マーク以降の部分)のDNS(Domain Name System)サーバに記載されているIPアドレス情報とを照合し、送信者が正しいかどうかを確認します。

携帯主要各社や大手プロバイダーはメールを受信する際に、DNSサーバに記載されていない指定外のメールサーバから送信されたメールを識別し、受信拒否やエラーメールを返信しないなどの対応をすることが可能です。

メール配信の際には、送信ドメイン認証の対応をしないと一部メールが届かないことがありますので、送信ドメイン認証(SenderID/SPF)の対応を推奨いたします。

PDF.gif

[docomo]
docomoでは、迷惑メール対策機能の拡充として2007年11月1日よりi-modeユーザが「なりすましメール対策設定」サービスにおいて『全て拒否する』と設定を行った場合、「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」の対応をしていないメールが受信がされなくなります(ただしi-modeユーザがドメイン/アドレス指定をして受信設定をしている場合は、そのドメイン/アドレスからのメールは受信されます)。

[au]
既に導入済みでエラーを返さない仕様になっています。

[SoftBank]
Softbank端末からのメール(Softbankが送信側となる場合)には導入済みです。

【送信ドメイン認証の対応方法】
「送信ドメイン認証(SenderID/SPF)」に対応するためには、Synergy!のメール送信サーバのIPアドレス情報を『TXTレコード』として、メールの差出人メールアドレスにご利用されているドメイン名のDNSサーバに追加していただくことが必要です。

Synergy!のIPアドレス情報となる以下の『TXTレコード』をメールの差出人メールアドレスにご利用されているドメイン名のDNSサーバに設定してください。

なお、TXTレコードは、ホスト名に関連付けるテキスト情報(文字列)を定義するレコードで、送信ドメイン認証の認証情報などを記述します。

メールの差出人メールアドレスにご利用されているドメインのTXT レコードとして以下内容の設定をお願いいたします。

————————————————-
v=spf1 include:crmstyle.com ~all
————————————————-

この設定をすることにより、送信ドメイン認証によってメールの送信元IPアドレスとメールの差出人メールアドレスのDNSサーバに記載されているIPアドレス情報を照合した際に、エラーとしてはじかれることはなくなります。

【設定できているかどうかを確認する方法】
SenderIDの設定が完了した場合の確認はこちらよりご確認いただけます。
URLはこちら(外部サイト)

※上記ページの一番上のDomain name入力欄にドメインを入力し、「Get SPF Record(if any)」ボタンを押すと結果が表示されます。
結果内に「v=spf1 include:crmstyle.com ~all」の表示と、下部に「SPF record passed validation test with pySPF (Python SPF library)!」の表示があれば、設定は完了しています。

技術情報の詳細はこちらよりご確認いただけます。
URLはこちら(外部サイト)

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。