クライアント証明書更新の操作方法

Synergy!のご利用に必要なクライアント証明書は、3月31日に有効期限を迎えます
※クライアント証明書についてはこちら

更新期間は3月1日~3月末日になります。
更新をしないまま、更新期限を過ぎるとSynergy!にアクセスできなくなります。

◇クライアント証明書の更新を以下の操作方法に沿ってお進めください。

1.クライアント証明書の更新方法

【1-1】

ログイン直後にこの画面が表示されたら、「クライアント証明書の更新へ進む」をクリックします。

図1

【1-2】

「クライアント証明書をダウンロードする」をクリックします。

図3
【1-3】

保存ダイアログの「名前をつけて保存」をクリックすると、どこに保存するかを指定できます。
保存場所を指定し「保存」をクリックします。 ※ブラウザの設定により自動保存されることがあります。

図4
【1-4】

証明書がダウンロードできているかを確認します。
<例>推奨OSのWindows10を使用されている場合
パソコン画面の左下にある「ここに入力して検索」の入力枠に「synergy○○○○○_****0331.p12」と入力してください。
証明書のファイル名を入力することによって検索をすることができます。
※検索ボックスが表示されていない場合は、タスクバーで右クリックし
「検索>検索ボックスを表示」をクリックすると表示されます。

アイコンは封筒に鍵のついた以下のようなマークです。

図6

※○○○○○にはSynergy!へログインする際のユーザIDの上5桁が入ります。
※証明書の有効期限が2014年の3月31日の場合、上記のように表示されます。

ダウンロードしたクライアント証明書は、次回の更新を迎えるまでの「原本(マスター)」となります

クライアント証明書およびインストールパスワードは、必要な際に後から取り出せるよう保管しておいてください。
※クライアント証明書を紛失した場合は再発行の手続き(手数料2,000円)が必要となります。

【1-5】

ユーザIDに指定されたメールアドレス宛にクライアント証明書のインストールパスワードが届きますので、このパスワードをコピーしておきます。
メールが見つからない場合は、管理画面のポップアップ(更新手順)画面からコピーすることもできます。

※メールが届かない(クライアント証明書のインストールパスワードがわからない)場合はこちら

件名:【重要】【20**年度】Synergy!クライアント証明書インストールパスワードのお知らせ

図5
※件名の**には対象の年度が入ります。クライアント証明書のファイル名「synergy(アカウントID)_20**0331」の「20**」と同じ年号をお探しください。
【1-6】

クライアント証明書をダブルクリックで開きます。

※クライアント証明書がみつからない場合はこちら

図6

※○○○○○にはSynergy!へログインする際のユーザIDの上5桁が入ります。
※証明書の有効期限が2014年の3月31日の場合、上記のように表示されます。
【1-7】

「証明書のインポートウィザード」が開きますので、「次へ」をクリックします。


このページではWindows10でのインストール方法をご案内しております。
Macの場合はこちら

図7
【1-8】

「次へ」をクリックします。

図8
【1-9】

上記【1-5】でコピーしたパスワードをパスワード入力枠にペーストして「次へ」をクリックします。

※「秘密キーのパスワード」欄では、マウスを使ったペーストはできません。
コピーしたパスワードをペーストするには、キーボードの「Ctrl」キーと「V」を押してペーストしてください。

図9
【1-10】

「次へ」をクリックします。

図10
【1-11】

「完了」をクリックします。

図11
【1-12】

「正しくインポートされました」のメッセージが表示され、更新操作が完了します。

図12
【1-13】

最後に正しくクライアント証明書がインストールできているかを確認します。

操作方法はこちらをご覧ください。

図13

2.古いクライアント証明書の削除方法

古い証明書の削除は必ず新しい証明書がインストールされていることを確認してから行ってください。確認方法はこちらをご覧ください。

【2-1】

コントロールパネルを表示して、「ネットワークとインターネット」をクリックします。

図13
【2-2】

「インターネットオプション」をクリックします。

図13
【2-3】

インターネットオプションが開きます。

①「コンテンツ」タブをクリックし、
②「証明書」をクリックします。

図14
【2-4】

証明書画面では、現在インストール済の証明書一覧が表示されます。

①間もなく期限が切れるクライアント証明書(有効期限が本年4月1日のもの)を選択し、
②「削除」をクリックします。
「証明書を削除しますか?」とメッセージが表示されますので、「はい」をクリックすると古いクライアント証明書が削除されます。

図15

クライアント証明書削除後はブラウザの再起動を行ってください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。