フリーアンサー型設問の実用例

回答データのエクスポートにより知ることができます。

(例)アンケートのフリーアンサー単一型
項目名 :「色」
設問文章:「あなたの好きな色は何ですか?」
という設問を作成したケースを紹介します。

仮に自動終了条件を12人に設定したアンケートで12人の回答者に回答が集まった場合、レポート表示では「回答数」しか表示されません。

しかしこれでは、フリーアンサー単一型の設問に回答したかどうか分かるだけで、実際どのように回答されたのか知ることができません。

そこで回答データのエクスポートで以下のように回答データを抽出することによって、フリーアンサー単一行型の設問が実際どのように回答されたのかを知ることができます。

Wish_export03_0912.JPG

また、ラジオボタン型やチェックボックス型の「その他(   )」の補助入力項目に入力された回答データもエクスポートにより、実際どのように回答されたのか知ることができます。

Wish_export05_0912.JPG

回答データのエクスポート方法についてはこちら

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。