配信エラーの詳細理由を確認する

配信実績データをエクスポートすることにより、確認することが可能です。
エラーの詳細理由を確認することができます。
※3か月以上前の配信実績、及び削除したデータのエクスポートを行うことはできません。

1.配信実績トップページ 「効果測定結果の利用」のプルダウンメニューより「エクスポート」を選択し、【実行】をクリックします。

2.配信実績の一覧より、該当の配信実績を選択し、【進む】をクリックします。

3.エクスポート設定で、対象のデータベース/ビューと出力データ形式を選択し、【次へ】をクリックします。

4.顧客集合指定は何も設定せずに【進む】をクリックします。

5.エクスポート対象データ選択にて「エラーメール」を選択し、【進む】をクリックします。

6.エクスポート条件を確認し、【エクスポートデータを抽出】をクリックすると、集計処理が開始します。

7.「エクスポート準備完了通知」がメールで配信されます。
配信実績トップより、【続行】をクリックしてエクスポートを行ってください。
エクスポートする項目に「対象項目」を必ず含めてください。

8.エクスポートしたファイルを確認するとエラーの詳細が確認できます。
エラーの詳細についてはこちらをご確認ください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。