顧客データを削除した際の配信済みメールのクリックフィードバックや配信レポートへの影響

<ベーシックメール、リターゲティングメール以外のメールの場合>

・クリックフィードバック、開封確認、配信エラー結果のレポートへの反映
顧客データを削除されてもメール配信日を起点に3ヶ月間は集計し続けます。
(例)メール配信日が2017/4/10であった場合、2017/7/10までの実績が取得可能です。
また、過去分のレポートの数値はそのまま変わりません。

・クリックフィードバック、開封確認、配信エラー結果のエクスポート
効果測定結果の利用機能は顧客データとの紐付けによって実現される機能になるため、顧客データを削除すると、仮に同じ顧客データを入れなおしたとしても「エラーになった人」「クリックした人」「メールを開封した人」へメール配信したり、効果測定結果のエクスポートを行うことはできなくなります。

<ベーシックメール、リターゲティングメールの場合>

・クリックフィードバック、開封確認、配信エラー結果のレポートへの反映
顧客データを削除されても集計し続けます。

・クリックフィードバック、開封確認、配信エラー結果のエクスポート
顧客データを削除した場合、Synergy!IDのみダウンロードが可能です。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。