ブランクメールで登録時にエラーが出る

QRコードなどで設定されたブランクメールアドレスに登録のため送信しても、エラーが返ってきて登録が出来ない場合があります。エラーメッセージごとに対処方法を記載いたします。

・「このURLは無効です」

仮登録付きの間接登録や間接解除を利用している場合、登録完了用URL/登録解除完了用URLと登録取り消し用URL/登録解除取消し用URLには有効期限があり、送信されてから24時間以内に登録もしくはキャンセルする必要があります。
24時間以上経過してからそれぞれのURLをクリックすると「このURLは無効です」と表示され、登録もキャンセルもすることができません。
したがって、仮登録メールの受信から24時間が経過している場合は、再度登録をやり直してください。

・「ホスト先の都合によりメールを送信できませんでした」とエラーメールが返ってくる

※携帯キャリアによってメッセージ内容は多少異なります

ブランクメールで、RFC規格に違反したアドレスで登録しようとしますと、このエラーメッセージが出て登録できない場合があります。
RFC規格とは、インターネットに関する技術の標準を定める団体であるIETFが正式に発行した、インターネットの国際規格です。もちろんこのルールに基づかないメールアドレスを作成・利用する事は可能ですが、送信元のサーバが送受信を許可していない場合は空メールを送信することができません。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。