フォーム登録時に個人情報規約に同意(チェック)させる

データベースにて複数選択型の項目で「同意する」という選択肢のみ作成し、フォームにて「個人情報規約」という設問を設定します。

必須判定の設定を「必須」にすることによって、「同意する」という選択肢にチェックを付けないとエラーが出て登録できないという設定をすることができます。

作成手順の例

  1. データベースに「個人情報規約」という項目を複数選択型で作成します。この際選択肢を「同意する」という1つのみで設定します。マスターデータベース・履歴型データベースへの項目の追加方法はこちらをご覧ください。

  2. 新規登録フォームで、「個人情報規約」という設問を「必須」に設定します。
    設問に赤字で表示されている必須の表示は表示項目編集内の「必須判定」欄で「マークを表示する」にチェックを入れるか、フォーム管理では「表示名称に必須マークを追加」ボタンを押すと表示できます。

  3. 「表示コメント」に個人情報規約に関する情報を記載します。なお、図のように詳細は「こちら」といった、自社サイトの個人情報規約の詳細ページへ外部リンクを設定する方法もあります。

    設定例

     シナジーマーケティングの個人情報規約の詳細が書かれたページにリンク先を設定します。

     ”個人情報規約の詳細はこちら

     <使用したHTMLタグ>
    個人情報規約の詳細は<a href="https://www.synergy-marketing.co.jp/company/privacy/" target="_blank" rel="noopener">こちら</a>

    これらの設定により、個人情報規約に同意した上でフォームに登録していただくことができます。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。