アフィリエイトタグやコンバージョンタグについて

顧客が登録などを行った際の効果測定を行うサービスに「アフィリエイトタグ」「コンバージョンタグ」と呼ばれるアクセス解析用のタグがあります。これはHTMLタグの形で表され、アクセス数を計測したいページに設置する(埋め込む)ことで動作します。

※新フォーム管理は対象外です。新フォーム管理では一部の計測タグのみ設置できます。詳しくはこちらをご覧ください。

ご注意ください!

  • ご利用のアクセス解析タグがSynergy!に対応しているかどうかについては、カスタマーサポートではお答えできかねます。お手数ですが、各サービスの提供元に直接お問い合せください。
  • アクセス解析タグの反映状況などの確認につきましても、各サービス提供元にお問い合せください。
  • アクセス解析タグで収集した結果をSynergy!の画面上から直接ご覧いただくことはできません。

1.アクセス解析タグの種類について

アクセス解析用のタグには「そのタグをページ内のどこに設置するか」という設置場所の
指定があります。
指定される設置場所は大きく分けて二種類あり、設置対象ページのHTMLソースの中の、

  ・bodyタグの間に設置するもの
  ・headタグの間に設置するもの

の二つに大別されます。

この「設置場所の違い」によりSynergy!側の設置操作にも若干違いがございますのでご注意ください。

※お使いのアクセス解析タグがどちらにあてはまるかは、各サービス提供元にお問い合せください。

また、フォーム機能のフォーム管理には「外部連携設定」機能がございます。お使いのアクセス解析タグが「Google Analytics」「ADPLAN」「アドエビス」の場合は、外部連携設定を使用してご指定の箇所に設置していただくことが可能です。
設定方法の詳細については、外部連携設定の手順をご覧ください。

2.bodyタグの間に設置するもの

このパターンのタグは、フォームの以下の箇所に設置することが可能です。

 ○入力画面
 ○確認画面
 ○完了画面

具体的な設置方法は下記の通りです。

  1. Synergy!画面内「フォーム」をクリックし、フォーム管理にお進みください。

  2. フォーム一覧から、タグを設置したいフォームの「編集」ボタンをクリックしてください。

  3. フォーム編集画面に進みます。
    このうち「入力」「確認」「完了」の各画面の「設定」ボタンを適宜クリックしてください。

  4. 画面に表示する文言を設定する「メッセージ」欄が表示されます。
    この画面は、顧客に見せるメッセージを指定する箇所ですが、ここにタグを直接貼り付けてください。

    ※アンケート機能、問い合わせ管理機能のフォームについても設置箇所はフォーム機能のフォームと同様です。

3.headタグの間に設置するもの

このパターンのタグは、フォームの以下の箇所に設置することが可能です。

 ○完了画面のみ

具体的な設置方法は下記の通りです。

  1. Synergy!画面内「フォーム」をクリックし、フォーム管理にお進みください。

  2. フォーム一覧から、タグを設置したいフォームの「編集」ボタンをクリックしてください。

  3. フォーム編集画面に進みます。このうち「完了画面」の「設定」ボタンをクリックしてください。

  4. 画面下部の「コンバージョンカウンター」欄にアフィリエイトタグを直接貼り付けてください。

    ※アンケート機能、問い合わせ管理機能のフォームについては設置していただくことができません。

4.IDなど、登録ごとに異なる数値データなどを埋め込む必要がある場合

タグによっては、URL中に「ユニークなID」などを入力させる必要のあるタグも存在します。これは正確な登録件数を計測するために使われる手法ですが、Synergy!はこの種類のタグにも対応しています。

ユニークIDを埋め込む必要があるタグは「完了画面」でのみ使用することが可能です。
「完了画面のメッセージ」欄のすぐ上にある「お選びください」の埋め込みコマンドをURL中に書き込むことで、登録ごとにユニークなIDを取得することができるようになります。

プルダウンメニューから埋め込みコマンドを取得し、必要箇所に設置してください。

5.外部連携設定の手順

お使いのアクセス解析タグが「Google Analytics」「ADPLAN」「アドエビス」の場合にご利用いただけます。

  1. 外部連携設定を利用するには、編集メニュー画面(詳細設定画面)にて、連携させたい画面の【設定】ボタンをクリックしてください。
  2. 設定画面が表示されます。
  3. お使いのアクセス解析タグをそれぞれのサービス提供元の入力箇所へ設置します。

    また、必要に応じて「埋め込みコマンド」のプルダウンメニューから埋め込みコマンドを併用してください。

    携帯用フォームに設定する場合の注意点

    携帯用フォームに計測ツールを設定する場合、スマートフォンの場合はタグの性質上、計測されないことがあります。

    その場合はフィーチャーフォンのアクセスのみ計測されることになりますのでご注意ください。

  4. 確認画面が表示されます。
  5. 【画面を設定】ボタンをクリックして設定を完了してください。

    外部連携が設定されると、外部連設定画面に「○」で表示されます。

    オリジナルHTMLを適用される際の注意点 ※外部連携設定適用時のみ

    ・外部連携設定完了後にオリジナルHTMLのアップロードを行ってください。
    ※外部連携設定を変更された際にも、再度オリジナルHTMLをアップロードし直していただく必要がございます。

    ・オリジナルHTML内にアクセス解析タグを記載しないでください。
    ※二重カウントされる可能性があります。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。