自動データ処理を手動実行する方法

自動データ処理に失敗した際に手動実行を行う方法をご案内します。

1.処理が失敗している箇所を確認する

自動データ処理完了のメール(件名:自動データ処理に失敗しました)の「自動データ処理画面へ」をクリックするか、管理画面の該当の自動データ処理右端の▼から「実行履歴」をクリックし、エラー箇所を確認します。詳細についてはこちら

2.稼働中の自動データ処理を停止中にする

稼働中の自動データ処理は手動実行することができません。

自動データ処理一覧画面で、該当の自動データ処理のチェックボックスにチェックを入れ、「一時停止」をクリックします。

3.手動実行を行う

一連の自動データ処理すべてを手動実行する方法と、個別に処理を手動実行する方法があります。エラー状況に合わせて行ってください。

【一連の自動データ処理すべてを手動実行する】
該当の自動データ処理右端の▼をクリックし、「手動実行」をクリックします。

「自動データ処理の手動実行」が表示されるので、「実行」をクリックすると処理が開始されます。

【個別に処理を手動実行する】
該当の自動データ処理右端の「編集」をクリックし、自動データ処理の内容を表示します。

手動実行したい処理の画面右端の「手動実行」をクリックし、「実行する」をクリックすると処理が開始されます。

3.実行履歴から処理が正常に完了したかを確認する

該当の自動データ処理右端の▼をクリックし「実行履歴」をクリックします。
実行履歴一覧が表示されるので、先ほど手動で実行した処理が成功しているか、確認してください。失敗している場合には「詳細を確認する」からエラー理由を確認し、手順2より再度手動実行を行ってください。詳細についてはこちら

4.停止中の自動データ処理を稼働中に戻す

該当の自動データ処理の「編集」をクリックし、画面上部の「設定」タブから稼働状況の「稼働」にチェックを入れ、「設定を保存する」をクリックします。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。