配信ブロックされた人にメールを送りたい

ベーシックメール、リターゲティングメールを配信した際に配信ブロックされてしまった顧客にメールを送る方法を案内します。

【手順】
1.配信ブロックされた対象者をエクスポートし、フラグを立ててインポートします。

①配信ブロックされた対象者をエクスポートします。
該当のメールの「レポート」>配信ブロック数の「通数」をクリック>エクスポート>
対象期間と出力項目(Synergy!IDを選択)指定し、「エクスポートする」をクリック>
「エクスポート処理完了のお知らせ」メールが届きます。
メール本文の「ダウンロードする」をクリックし、メールに記載されているパスワードを入力後、ダウンロードします。

②データベース設計より項目の追加を行います。
マスターデータベースへの項目の追加方法はこちら
「配信フラグ」という項目を文字型で作成し、上記1で出力したエクスポートファイルを使い下記画面キャプチャのようなインポートファイルを作成します。
※「配信フラグ」に「1」という値を持つ顧客リストを作成します。

③配信フラグの項目のみインポート作業を行う
インポート手順はこちらのマニュアルをご参照ください。
※インポート方法は「既存データの更新のみ」にチェックを付け、更新キーに「Synergy!ID」を選択します。

2.ベーシックメールを作成します。

①配信タイミングのオプション設定で、再度「配信ブロック」にならないよう、オプション設定を設定します。
送りすぎ防止設定、配信時間制限をそれぞれ「このメールでは無視する」を選択します。

配信先にて絞り込み条件を下記のように設定します。
対象顧客の「もっと絞り込む」をクリックします。
表示された絞り込み設定画面にて顧客マスタの「フィルタ項目を追加」をクリックし、上記1で付与した「配信フラグ」が「値を持つ」と条件を設定します。

③絞込条件が設定できたら右下の「保存する」をクリックします。

④その後は、画面に従って設定を完了してください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。