配信リストクリーニング機能とは

過去の配信で配信エラー理由が「メールアドレス書式エラー」「宛先不明」と判定されたメールアドレスを配信対象から自動的に除外する機能です。
エラーとなるメールアドレスへの配信が減少するため、メール配信到達率低下のリスクが軽減されます。
※対象となるのは、Synergy!「メール配信」メニューより作成したメールのみです。
※全アカウントに標準で付与されています。

【仕様詳細】
・レポートや配信実績
エラー理由に「配信リストクリーニング機能による除外」と表示します。

・配信エラー回数
「配信リストクリーニング機能による除外」エラーとなった場合、データベースの各エラーカウント項目に「99」が加算されます。

・月額費用
配信リストクリーニング機能により配信対象から除外されたメールアドレスは、課金対象になりません。

・配信から除外するメールアドレスについて
定期的に自動更新します。
一度「配信リストクリーニング機能による除外」となったメールアドレスは、永久に配信対象から除外されます。

本機能はメールアドレスの大文字・小文字を区別しません。
 例)AAA@XXX.jpで「配信リストクリーニング機能による除外」エラーとなった場合、aaa@XXX.jpにもメール配信されなくなります。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。