「送信」ボタン押下時にreCAPTCHAのエラーが表示される

フォームの「送信」ボタン押下時にreCAPTCHAのエラーが表示される場合は、設定の誤りやオリジナルHTMLなどによるカスタマイズが原因でreCAPTCHA判定ができなくなっている可能性があります。
以下を順番に確認してください。

【1】アクセスするデバイス(PCや携帯端末など)やブラウザ(Google Chromeなど)を変えても同じエラーが表示されるか。

特定の端末やブラウザで発生している場合は、該当の環境にて互換表示やユーザーエージェントを変更してアクセスされている可能性が考えられます。

また、下記の環境の場合はreCAPTCHAの設定をしたフォームを利用することができません。

・JavaScriptが無効になっている
  ⇒JavaScriptを有効にするにはこちらをご確認ください。

・reCAPTCHAのURLをアクセス制限している
  ⇒reCAPTCHAはGoogle社が提供しているSynergy!外部のサービスです。
   サービス提供ドメインに対しインターネットアクセスがブロックされているとエラーが
   表示されます。ネットワーク環境や設定をご確認ください。
   アクセスするドメインは以下が想定されますが、予告なく変更される可能性があります。
   ・www.gstatic.com
   ・www.google.com
   ・fonts.gstatic.com

【2】Google側のreCAPTCHA設定が削除されていないか。

reCAPTCHA設定画面の右上にある Admin console のリンクをクリック>登録済みのサイトのプルダウンに該当の設定があるかご確認ください。

【3】Google側のreCAPTCHA設定にあるドメインの一覧に対象フォームのドメインが含まれているか。

reCAPTCHA設定画面の右上にある Admin console のリンクをクリック>登録済みのサイトのプルダウンから該当の設定を選択し、画面右上の「設定」ボタンからご確認ください。

【4】フォームのreCAPTCHA設定にある「サイトキー」と「シークレットキー」は正しく設定されているか。

設定している「サイトキー」と「シークレットキー」がGoogle側のreCAPTCHA設定と一致しているかをご確認ください。

<Google側のreCAPTCHA設定確認方法>
画面の右上にある Admin console のリンクをクリック>登録済みのサイトのプルダウンから該当の設定を選択し、画面右上の「設定」ボタンからご確認ください。

<フォームのreCAPTCHA設定確認方法>
フォーム>対象フォームの「編集」>reCAPTCHA設定の「設定」より確認できます。

【5】対象フォームにオリジナルHTMLデザインを適用しており、その内容が以下に該当していないか。

・入力内容の送信処理をJavaScriptでカスタマイズしている
・カスタマイズ内容が下記の実装例に該当している

該当していた場合は、JavaScriptの記述を下記OK例を元に修正してください。
※「form[0]」はフォーム参照の例です。HTMLの内容や利用するフレームワークによって記述が異なることがあります。

NG例
例:送信ボタン押下時に、入力チェックを行い、チェック OK の場合に次画面遷移を行う

OK例
reCAPTCHA 機能で利用する TOKEN を発行するため、以下のように改修を行います
form の submit 処理を、SYNERGY_RECAPTCHA.executeSubmit に置き換えます。
  その際、submit する form を引数に渡す必要があります。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。