旧インポートと新インポートの違い

旧インポートと新インポートの各機能の違いについては、以下の表を参照ください。

インポートの手順についてはこちらをご覧ください。

機能 旧インポート 新インポート
対象データベース ・マスターデータベース
・履歴型データベース
・マスターデータベース
・履歴型データベース
ファイル形式 ・CSVファイル ・CSVファイル
・Excelファイル
・Excelファイルからのコピー&ペースト
インポート項目の紐づけ ・ファイル上とデータベースの項目名の完全一致が必須。
・ファイルに含まれている項目は必ずインポートされる。
・ファイル上とデータベースの項目名は、Synergy!上で紐づけ。
・不要な項目はスキップが可能。
インポート時の項目追加作成 不可能 可能
※履歴型データベースの作成も可能です。
インポート設定の保存 不可能 可能
メール受信拒否フラグのフラグ名 TRUE / FALSE TRUE / FALSE
または
true/false
末尾への#END記載 必要 不要
※ファイルに含まれている場合はスキップしてください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。