テキストメールでも開封確認を取りたい場合の代替方法

メール配信には、HTMLメールの開封状況を計測する「開封確認」機能を搭載しています。
この機能で計測した数値は「配信したメールを何人の人が読んでいるか」を計る目安であるために、開封確認はメールの反応率という重要なマーケティングデータを得るのに非常に有用な機能です。

ですが、開封確認は電子メールの構造上の理由から、HTMLメールに限り計測が可能です。
メール配信においてはテキストメールのみで運用されているケースも決して少なくはありませんし、HTMLメールというと画像などがふんだんに盛り込まれた「ハードルの高いもの」という印象があることもまた否めません。

ここでは、テキスト形式のメール原稿をできるだけ少ない労力でHTMLメール化し、開封確認を取る方法を紹介します。

【ご留意ください】
電子メールの技術上、開封確認はHTMLメールでなければ取得することができません。
ここでご紹介する方法は「できるだけ簡単にHTMLメールを作成する」ための一例ですので、お客様方に「HTMLメール送信の許諾」を取っておられる場合など、御社の運用方法に即して適宜ご判断の上、ご利用ください。


例:以下のようなテキストメール原稿があると仮定します。

メール配信の開封確認機能はHTMLメールにのみ適用されるため、このようなテキストだけの文章では通常、開封確認を行うことはできません。
ですが、テキストメールの原稿に少しだけ手を加えるだけでHTMLメールとしても体裁を崩さず、かつ開封確認も使ったメール配信が可能です。

この原稿に記号を書き加えます。
文章の先頭に<pre>、末尾に </pre>と入力し、以下のような形にします。

<pre>
メール配信の開封確認機能はHTMLメールにのみ適用されるため、このようなテキストだけの文章では通常、開封確認を行うことはできません。
ですが、テキストメールの原稿に少しだけ手を加えるだけでHTMLメールとしても体裁を崩さず、かつ開封確認も使ったメール配信が可能です。
</pre>

以上で準備は完了です。こうして出来上がった原稿を下図のようにメール配信のHTMLメール本文欄に入力し、本文欄下部の「開封確認を行う」にチェックを入れて配信します。

こうすることで、テキストの体裁のまま簡単にHTMLメールとして配信を行うことが可能です。どうぞお試しください。

URLを設置する場合の注意点

本文にURLを記載している場合、HTMLメールではpreタグを利用していても別途リンクタグの記載が必要です。
リンクタグの記載がない場合、URL箇所は受信側でリンクになりません。
リンクタグはこちらの「○リンクを設定する」を参考にしてください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。