「Synergy! メール配信機能 mail 差出人アドレス不正エラー」というメールが届く

メール配信機能から送信しようとしたメールの差出人アドレスが、メールアドレス形式でなかったため送信に失敗した際に操作ユーザ宛に送信されるメールです。

メール配信機能では私信風メールとしてメールを送信する際の差出人アドレスに埋め込みコマンドを利用することができますが、埋め込みコマンドで設置した項目にメールアドレス形式でない不正なメールアドレスが登録されていた場合値が空値であった場合に不正エラーと検知され下記メールが届きます。

差出人:Synergy!カスタマーサポート

件名:Synergy! メール配信機能 mail 差出人アドレス不正エラー
———————————————————————-
差出人アドレスエラーのお知らせ
———————————————————————-
Synergy!メール配信機能 のご利用、ありがとうございます。

差出人アドレスがメールアドレス形式でないため、
エラー件数分、配信を中止しました。

【スポット配信 | カスタマーサポートからのお知らせ】の配信が終了致しました。

配信数:58
配信開始日時:2017-01-26 15:33
配信終了日時:2017-01-26 15:33
差出人アドレスエラー件数:56
差出人アドレス:<%%c132%%>

※差出人アドレスエラーの件数はDB内の埋め込んだ値がメールアドレス
として、不適切な値であったため送信がおこなえませんでした。
————————————以下配信メール———————————-
Subject: 【カスタマーサポートからのお知らせ】
————————————以下本文メール———————————-
メールの本文が表示されます。

上記の場合、差出人アドレスエラー件数が56件となっているため56名の方にメールが送信できていないことになります。メールが送信できなかった対象者を特定するには、該当のメールの配信実績をエクスポートし、差出人アドレスの埋め込みコマンドとして利用した値に問題があった人を目視で確認する必要があります。

※ベーシックメールやリターゲティングメールの場合、上記メールは配信されません。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。