メルマガ解除(配信停止)フォームを作成したい

メルマガを配信する際、顧客がメルマガを解除(配信停止)できる手段を用意しておくことが特定電子メール法(迷惑メール防止法)で定められています。

Synergy!では、メルマガ解除(配信停止)フォームを利用することでその仕組みを作ることができます。

下記に作成方法をご紹介しますので、メルマガ配信時には必ず記載するようにしましょう。

1.運用しているメルマガが1本の場合

フォームを通過した顧客へメール配信およびシナリオ機能から今後一切メールを配信しない場合にご利用ください。

このフォームを通過すると、顧客の「メール受信拒否フラグ」を「拒否する」へと書き換えます。
そのため、今後メール配信およびシナリオ機能を利用して配信するすべてのメールにおいて、その顧客は自動的に配信対象外となります。

メール受信拒否フラグとは・・・

メール受信拒否フラグは、マスターデータベースに最初から用意されている項目です。
「拒否する」「拒否しない」の選択肢があり、「拒否する」が選択されている顧客はメール配信時、自動的に配信対象外とする仕様です。

1.1 新フォーム管理

以下のフォームでは、ログイン画面(認証画面)→ 確認画面 → 完了画面と遷移しているように見せることができます。

  1. フォーム>新フォーム管理より、種別「変更フォーム」を新規作成します。
    「認証項目」は「メールアドレス」を指定されることが多いです。

  2. フォームのログイン画面である認証画面を設定します。
    「認証項目」は「メールアドレス」を指定されることが多いです。
    「照合項目」の設定はなしでも問題ありませんが、「パスワード」や「生年月日」を設定することでセキュリティが高まります。

  3. 入力画面タブをクリックし、「非表示項目」に「メール受信拒否フラグ」を設置します。
    初期値は「メール受信を拒否する」にチェックを付与してください。


    フォーム通過時に必要な初期値も一緒に取得できます

    解除した日時を取得したい場合は「タイムスタンプ型」、通過したフォーム名を取得したい場合は「文字型」や「複数選択型」など取得したい情報が他にあれば、運用に合わせて項目を追加し、非表示項目に設置してください。

  4. 入力画面のリアルタイムプレビューにあるメッセージとボタン名を編集します。

    「以下のフォームに必要な項目を入力のうえ、送信ボタンをクリックしてください。」をクリックし、「メルマガを解除します。よろしければ「解除」をクリックしてください。」などの文言に変更します。

    「内容を送信」ボタンをクリックし、「解除」などの文言に変更します。

  5. 確認画面タブをクリックし、表示設定を「OFF」にします。

  6. 完了画面タブをクリックし、リアルタイムプレビューにある「登録を完了いたしました。」をクリックし、「メルマガの解除を完了しました。」などの文言に変更します。

  7. 画面右上のプルダウンより、フォームを公開します。
    ※必要に応じて【設定】よりサンキューメール等を設定してください。

1.2 フォーム管理

  1. フォーム>フォーム管理より【新規作成】ボタンをクリックし、種別「メルマガ解除フォーム(全体)」の「PC向け」をクリックします。

  2. 画面に従ってフォームタイトル等を入力し「次へ」をクリック

  3. フォームのログイン画面である認証設定を行います。
    更新キー」は「メールアドレス」を指定されることが多いです。
    「照合項目」の設定はなしでも問題ありませんが、「パスワード」や「生年月日」を設定することでセキュリティが高まります。

  4. 「進む」>「フォームを新規作成」>「引き続き詳細を設定する」をクリックします。

  5. フォームをログイン画面(認証画面)→ 確認画面 → 完了画面と遷移させたい場合は、画面設定枠の「確認画面」を「ON」に切り替えます。

  6. ステータスを「公開中」に切り替えます。
    ※必要に応じてメール設定枠よりサンキューメール等を設定してください。

作成したフォームではログイン画面(認証画面)が表示されます。ワンクリックもしくは自動認証で解除する方法はこちらをご覧ください。
※新フォームではワンクリックや自動認証を実施することができません。

2.複数のメルマガを運用している場合

配信しているメルマガが複数ある場合は、メルマガを管理する専用の項目を作成すると便利です。

購読申し込み時に該当のメルマガにチェックが付与されるよう設定しておき、メルマガ解除フォームでは購読を停止したいメルマガのチェックを顧客自身にはずしてもらう(もしくはフォームの初期値でチェックがはずれる)運用にします。

メルマガ配信時には”そのメルマガを選択している”顧客を絞り込みして配信してください。

  1. マスターデータベースに「メルマガ管理用の項目」を作成します。
    ※項目の型は「複数選択型」を利用してください。
    ※項目の作成方法はこちらをご参照ください。
    ※選択肢はメルマガ名称にすると管理がしやすいです。
    <選択肢例>
    1,メルマガ1
    2,メルマガ2
    3,メルマガ3

    あらかじめ、購読申し込み時に該当のメルマガの選択肢にチェックが付与されるような運用にしてください。

  2. 【変更フォーム】もしくは【変更・解除フォーム(PC向け)】を作成します。
    「認証項目」は「メールアドレス」を指定されることが多いです。
    「照合項目」の設定はなしでも問題ありませんが、「パスワード」や「生年月日」を設定することでセキュリティが高まります。
    ▸新フォーム管理の認証画面設定
    ▸フォーム管理の認証設定

  3. 表示項目に「メルマガ管理用の項目」を設置します。

    特定のメルマガのみ解除させるフォームの場合は、非表示項目(初期値)へ作成した「メルマガ管理用の項目」を設置します。
    該当のメルマガの選択肢は「チェックしない」にチェックを付与し、それ以外の選択肢は「変更しない」もしくは「何もしない」にチェックを付与してください。

    もし、すでに運用しているメルマガ管理用の項目が文字型や年月日型などの項目であれば、別途「メルマガ解除用の項目」を複数選択型にて作成してください。
    フォームでは、解除するメルマガにチェックが付与されるような設計にし、メルマガ配信時には「メルマガ解除用の項目」の”該当のメルマガを選択していない”絞り込みを設定してください。

  4. フォームのステータスを「公開」にして完成です。
    ※必要に応じてサンキューメール等を設定してください。
    ▸新フォーム管理の公開設定

  5. 作成したフォームではログイン画面(認証画面)が表示されます。自動認証で解除する方法はこちらをご覧ください。

    ※新フォームでは自動認証を実施することができません。
    確認画面を「OFF」に設定し入力画面(表示項目なしの状態)を確認画面として利用することで、ログイン画面(認証画面)→ 確認画面 → 完了画面と遷移しているように見せることはできます。こちらの設定方法を参考にしていただけますが、非表示項目はメルマガ管理用の項目にしてください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。