開封確認の初期値について

メール配信の開封確認設定は、操作を行うユーザがメール本文設定の次の画面へ遷移するたび初期値の設定が上書きされます。
※設定はログインを行っているユーザIDに紐付いて保存されます。
※オートメール、プランニングメール、ステップメールは完了まで操作を進めた際に設定が上書きされます。

【対象となるメール配信】※異なるメールの種類であっても設定は共有されます。
・スポット配信
・定例配信
・オートメール
・プランニングメール
・ステップメール

【チェックが付与されていた開封確認を解除した場合】
次回、メール作成時は「チェックなし」の状態になります。
そのまま設定を進めると、開封確認は取得できません。

【チェックが解除されていた開封確認を設定した場合】
次回、メール作成時は「チェックあり」の状態になります。
そのまま設定を進めると、開封確認が取得できます。

 

  開封確認設定の移り変わりについては下記の例を参考にしてください。

 

 

 

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。