日本語向けと多言語向けで作成されたフォームの違い

・日本語向け(Shift-JIS)
 日本語環境や携帯端末(かなり古いタイプのガラケーなど)では文字化けせずに表示されます。ただし機種依存文字や補助漢字などの登録・表示ができません。

・多言語向け(UTF-8)
 UTF-8がサポートしている機種依存文字や補助漢字、外国語などの文字を利用することができます。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。