日本語のメール配信ではどちらの文字コードを利用すればいい?

PCやスマートフォン向けに配信する場合は「多言語向け(UTF-8)」をお勧めします。
「多言語向け(UTF-8)」は、機種依存文字や様々な外国語に対応しており、文字化けのリスクが少ないです。

「日本語向け(ISO-2022-JP)」では、機種依存文字の利用ができず、環境によっては文字化けすることがあります。
しかしながら、フィーチャーフォンのような従来の環境では、「多言語向け(UTF-8)」に対応していないものもあるため、そういった顧客が多い場合は「日本語向け(ISO-2022-JP)」をお勧めします。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。