インポートを多言語向け設定で行い、メール配信を日本語向け設定で行ってもよい?

メールを送信することは可能です。しかし、メール配信で埋め込みコマンドを利用する場合、埋め込みコマンドによってメールに表示される文字のうち、日本語向け配信に対応していない文字が文字化けします。

そのため、日本語向け配信(ISO-2022-JP)に対応していない機種依存文字や外国語などをデータベースに登録している場合で、それらが登録されている項目の埋め込みコマンドを利用する場合には、メール配信時の文字コードは多言語向け(UTF-8)をご利用ください。

また、日本語向けメール配信に対応していない文字は多岐にわたり、一覧等をご用意することが難しいため、メール配信前には、必ずテスト配信を行って文字化け等が発生していないか確認を行ってください。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。