迷惑メールとみなされないための対応策 | Synergy! サポートページ

迷惑メールとみなされないための対応策

配信されたメールが迷惑メールであると判定されないための対応策をご紹介します。それぞれの対応策の違いについては下記をご覧ください。

SPF(送信ドメイン認証) DKIM S/MIME(電子署名)
目的 なりすましメール対策
関連ページ
なりすましメール対策
関連ページ
なりすましメール対策・メールの暗号化
関連ページ
概要 送信メールサーバーのSPFレコードを使用して、正しいメールサーバーからメールが送信されているかどうかを確認します。(誰からの配信かDNSサーバーにてIPアドレスでチェックを行う方法です。)
※Synergy!から配信するすべてのメール配信に対応しています。

メール送信時に生成された署名情報を送信メールのヘッダに記述し、メール受信時に署名ドメインのDNSサーバー上に公開されている公開鍵によって署名を検証します。(なりすましされていないか、メールサーバーで署名のチェックを行う方法です。)
※第三者署名はSynergy!では標準対応していますが、作成者署名は別途オプション(有償)契約が必要です。
※Synergy!のメール配信機能から配信するすべての本番配信メール、テストメールに対応しています。

メールに電子署名を添付することで、メールの送信者情報と本文の内容が不正に改ざんされていないことを確認します。(改ざん防止、なりすましされていないかどうか受信側のメーラー、メールクライアントで署名のチェックを行う方法です。)
※別途オプション(有償)契約が必要です。
※Synergy!のメール配信機能から配信するPC向けの本番配信メール(ベーシックメール、リターゲティングメールを除く)に対応しています。

メリット 携帯向け・PC向け両方の配信への対応が可能です。
※契約は不要です。
ヘッダの電子署名をそのまま転送することで、転送されても受信側で正しく受信することが可能です。
メールの件名、本文の改ざんを見抜くことが可能です。
S/MIMEでは送信者情報の正当性を「認証局*」が証明します。
デメリット 受信したメールが転送された場合は、登録している別サーバーからのメールとみなし、受信側に拒否される可能性があります。 メーリングリストに対して配信を行った場合に、Subject:を書き換えられたり、Received:が削除されるとメールの内容が異なると判断され、署名の検証に失敗してしまいます。また、一部のメーラー、携帯では対応していない場合があります。 受信側もS/MIMEに対応している必要があります。そのため、一部のメーラー、携帯では対応していない場合があります。

※認証局とは
インターネットを通じてやり取りされるデータの正当性を保証するために用いられる電子証明書を発行する機関

それぞれの仕組みについては下記の図を参照してください。

<SPFについて>

<DKIMについて>

<S/MIMEについて>



この記事へのご意見、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への返信はできません。お問い合わせの場合はこちらからお願いします。
この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...