DKIMとは?

「DKIM」とは、「DomainKeys Identified Mail/ディーキム」の略で、受信したメールが「正当な送信者から送信された改ざんされていないメール」かどうかを確認することができる電子署名方式の送信ドメイン認証技術です。

「DKIM」は、送信者側がメール送信時にDKIM署名を行い、受信者側がそのDKIM署名内容を検証する(公開鍵で照合を行う)ことで、メールの送信者(ドメイン)とメール本文の正当性(途中経路で改ざんされていないこと)を確認することができます。

【DKIMについてのイメージ画像】

●DKIM設定を行っていない場合●

dkim2

●DKIM設定を行った場合●

dkim

Synergy!ではDKIMに対応しており、DKIMの電子署名方式には『第三者署名』と『作成者署名』があります。

●第三者署名
配信に使用するメールサーバーのドメイン*で署名する方式です。
Synergy!を利用してメール配信した場合、『第三者署名』のドメインは『crmstyle.com』となります。
※Synergy!では標準対応しています。

*ドメイン…ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すインターネット上の「住所」にあたる部分です。メールアドレスの場合、@以降のことを指します。

『第三者署名』でもメールの送信者やメール本文の正当性を証明できますが、受信されるメールソフトにより”設定された差出人アドレス”とは異なる”メールサーバーのドメイン”
(Synergy!の場合は「crmstyle.com経由」)が表示される場合があります。
詳しくはこちらをご覧ください。
なお、上記事象は下記『作成者署名』を用いることで解決できます。

●作成者署名
差出人アドレスのドメインで署名する方式です。
作成者署名を用いて署名が正しく照合できた場合は、差出人アドレスのドメインから送信されたメールであることが確認できます。
※ Synergy!での「作成者署名」は有償オプションになります。
※ DNSサーバーでの設定内容については有償オプションの手続きをしていただく際に弊社からご連絡させていただきます。


各DKIMの電子署名(第三者署名/作成者署名)の付与については下記の表をご覧ください。

第三者署名 作成者署名
フォーム
(フォーム管理)

サンキューメール
ジャーナルメール
仮登録メール
通知メール

本番メール/テストメール共に
適用あり
本番メール/テストメール共に
適用なし
フォーム
(ブランクメール)

サンキューメール
ジャーナルメール
仮登録メール
エラーメール

本番メール/テストメール共に
適用あり
本番メール/テストメール共に
適用なし
フォーム
(新フォーム管理)

サンキューメール
ジャーナルメール
パスワード再設定メール
パスワード設定完了メール
本登録メール

本番メール/テストメール共に
適用あり
本番メール/テストメール共に
適用あり(有償オプション)
メール配信
(ベーシックメール/リターゲティングメール含む)
本番メール/テストメール共に
適用あり
本番メール/テストメール共に
適用あり(有償オプション)
アンケート

サンキューメール
ジャーナルメール

本番メール/テストメール共に
適用あり
本番メール/テストメール共に
適用なし
問い合わせ管理
(フォーム)

サンキューメール

本番メール/テストメール共に
適用あり
本番メール/テストメール共に
適用なし
問い合わせ管理
(ジャーナルメール/自動返信メール)
適用あり 適用なし
問い合わせ管理
(メッセージ送信)
適用あり 適用なし

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。