Synergy!から配信したメールがGmailで”crmstyle.com 経由”と表示される

Gmailではメールの差出人アドレスのドメインと実際にメールを配信したサーバーのドメインが異なる場合、送信者の横に「<ドメイン名> 経由」と表示されます。
たとえば、Synergy!で配信したメールには「crmstyle.com 経由」と表示されます。

※ドメインとは…ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すインターネット上の「住所」にあたる部分です。メールアドレスの場合、@以降のことを指します。

DKIM

これは特に問題のあるものではなく、メールが別のメールサーバー経由で送信されたことを示しています。実際にどのサーバーを使ってメールを作成したかを受信者が知ることができる仕組みです。

Gmailヘルプ:送信者名の横に詳細情報が表示される理由はこちら

ただし、確実に信頼のおけるメールサーバーであればそのことを明示的に表示しなくてもよいはずですので、この表記を非表示にしておきたいところです。そのためには次の方法を取ることで解決します。

DKIM 作成者署名を使ってメールを送信するときに受信者に「経由」リンクが表示されないようにする

Gmail では「DKIM 作成者署名」がメールに含まれていれば、この「経由」リンクを表示しません。

DKIM 作成者署名とは
DKIM は DomainKeys Identified Mail の略で、受信した電子メールが「正当な送信者から送信された改ざんされていないメール」かどうかを調べることができる電子署名方式の送信ドメイン認証技術です。
詳しくはこちらをご覧ください。

このDKIMの電子署名方式を応用して、メール本文に送信元ドメインから作成した電子署名を追加する方式を「DKIM 作成者署名」といいます。

つまり、メール配信に利用する差出人アドレスのドメインのサーバー(DNS)に設定(TXTレコード登録)をおこなっていただき、Synergy!側でメール本文に「DKIM 作成者署名」を付与することで、「経由」リンクが表示されないようになります。
※DKIM 作成者署名はテスト配信では確認していただくことができません。
※ Synergy!での「DKIM 作成者署名」追加は有償オプションになります。
※ DNSサーバーでの設定内容については有償オプションの手続きをしていただく際に弊社からご連絡いたします。
送信ドメイン認証(SenderID/SPF)によってドメインの正当性が保証されますが、「経由」リンクを非表示にするには「DKIM 作成者署名」の追加が必要です。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。