文字化けを起こす理由

フォームやアンケートの文字コードは、【日本語向け(Shift-JIS)】と【多言語向け(UTF-8)】より選択することができますが、【日本語向け(Shift-JIS)】を選択してフォームやアンケートを作成した場合、下記にご注意ください。

フォームやアンケートに表示する”メッセージ”や”タイトル”、”表示名称”、”注意書き・凡例”などに【日本語向け(Shift-JIS)】に対応していない機種依存文字などを利用した場合は、文字化けが発生いたします。

※操作画面は【多言語向け(UTF-8)】に対応しているため、機種依存文字を利用しても設定画面では文字化けが確認できません。そのため必ずプレビュー画面よりフォームの確認を行ってください。

<例>文字コード【日本語向け(Shift-JIS)】を指定してフォームを作成した時、基本設定画面では「㈱○×△お問い合わせフォーム①」と表示されますが、

公開用URL・プレビュー画面では、「㈱」と「①」の文字が文字化けしてしまいます。

 

このように公開用URLやプレビュー画面にて文字化けが確認できた場合は、基本設定画面にて文字コードを【多言語向け(UTF-8)】に変更すると改善する場合があります。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。