自動ログインの設定方法

自動ログインとは、メール配信機能からメール配信をする際にフォームやアンケートのURLの代わりに専用の『埋め込みコマンド』を本文に設置することで、認証画面を省略して入力画面を直接表示することのできる機能です。

※「フォーム機能の変更・解除フォーム」「アンケート機能のクローズドアンケート」「モバイル機能で作成したサイトのログインページ」に活用できます。
※新フォーム管理は自動ログインが利用できないため、対象外です。

設定方法

メール本文作成画面の上部にある「埋め込みコマンド」より(自動ログイン)と記載されている埋め込みコマンドを設置してアンケートやフォームのURLの代わりに設置してください。

また、自動ログインでは、認証画面を省略して入力画面へ遷移するためメール受信時のURLの末尾に顧客を識別するパラメータが付与されます。

○通常の埋め込みコマンドを利用した場合

https://f.msgs.jp/webapp/form/○○○○○_***_●/index.do
※元のURLがそのまま表示されます。
※ f.msgs.jp の部分はお客様によって異なることがあります。

★自動ログインの埋め込みコマンドを利用した場合

ベーシックメール、リターゲティングメール

https://f.msgs.jp/webapp/form/○○○○○_*** _●/autocert.do?param=XXXX
※URLの末尾に顧客を識別するパラメータが付与されます。
※ f.msgs.jp の部分はお客様によって異なることがあります。

上記以外のメール配信機能

https://f.msgs.jp/webapp/form/○○○○○_*** _●/autocert.do?param=XXXX&sid=XXXX
※URLの末尾に顧客を識別するパラメータが付与されます。
※ f.msgs.jp の部分はお客様によって異なることがあります。

ベーシックメール、リターゲティングメール、シナリオ用メール以外では、自動ログインとクリックフィードバックを同時に設定することはできません。

自動ログインを設定したメールの配信後に下記の操作を行われると自動ログインURLよりログインができなくなります。

●認証項目を変更した場合(※ベーシック/リターゲティングメールは対象外)
┗認証項目(更新キー)を変更すると、認証する値が一致しないため
 該当の顧客はログインできなくなります。

●照合項目に使用する項目のデータが変更された場合(※ベーシック/リターゲティングメールは対象外)
┗照合項目となる項目の値が変更されると、認証する値が一致しないため
 該当の顧客はログインできなくなります。

●認証条件に使用している項目のデータが変更された場合
┗認証条件となる項目の値が変更されると、認証する値が一致しないため
 該当の顧客はログインできなくなります。

●フォームやアンケート、サイトの認証条件を編集した場合
┗認証条件の編集を行うと、変更前に送信したURLにはアクセスすることが
 できず、エラーが生じます。
 この場合は、送信者の方全てがアクセスできなくなりますので
 再度メールを再送する必要があります。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。