レポート

アプリプッシュ通知の結果をレポートで確認します。
レポートは、アプリプッシュ通知一覧画面の「レポート」ボタンからアクセスできます。

レポートの反映はリアルタイムです。

     ■レポート詳細         ■データのエクスポート方法
■レポート詳細

①このレポートの最終集計日時を表示します。

②レポートをExcel形式でダウンロードします。

③アプリプッシュ通知の「タイトル」「メッセージ」「プラットフォーム」「ID」「種類」を
 表示します。「通知対象日時を起点に・・・」のプルダウンよりレポート表示の対象期間を
 変更できます。

④「通知件数」「開封数」「エラー数」を表示します。
 通知件数をクリックすると”最新100件まで”の詳細が確認でき、対象顧客をエクスポート
 きます。

レポートで確認できるエラーの主な原因

エラーになった原因として考えられるのは下記のいずれかになります。

・対象となるデバイスが存在しない。
・通知途中にアプリ管理で登録している証明書の有効期限がきれた。

※受信側のデバイスの電源がOFFや通信できない環境により、通知できなかった場合はエラーとしてカウントされません。

⑤プラットフォームごとの「通知数」「開封数」「通知エラー数」「通知ブロック数」をグラフで表示します。
 カーソルを合わせるとその日の各開封数を確認できます。
 ※左上の各凡例(全体開封数/iOS開封数/Android開封数)をクリックすると、グラフ上
  の表示・非表示を切り替えることができます。

⑥各通数や回数を表示します。
 リンクになっている場合は、クリックすると”最新100件まで”の詳細が確認できます。
 また、「エクスポート」ボタンよりCSVファイルで出力することができます。
 エクスポート手順はこちらをご覧ください。

⑦時間帯別の開封数をグラフで表示します。

■データのエクスポート方法

1.レポートよりエクスポートしたいデータの詳細画面を表示し、 ボタンを
 クリックします。※レポート詳細の⑥参照
 ※「絞り込み」プルダウンよりプラットフォームを絞り込んで確認することもできます。
  (エクスポートデータは絞り込みできません)

 例)通知数の詳細画面
 

2.「対象期間」「出力項目」「文字コード」を指定し、「エクスポートする」をクリック
 します。

 

 ①対象期間は、カレンダーボタンをクリックして日時を指定します。
  ※直接日時を入力することはできません。

 ②出力不要な項目があれば、項目名をクリックして「未選択」枠に移動させます。
  ※「通知ID」「通知日時」「プラットフォーム」「Synergy!ID」は必ず出力されます。

 ③出力するデータの文字コードを選択します。

3.データ抽出開始画面が表示されますので、操作ユーザ宛てに届く通知メールを確認します。

4.メールに記載されたエクスポート用パスワードをコピーし、下記画面の②をクリック
 してエクスポートデータのダウンロード画面へ遷移します。
 ※エクスポートデータのダウンロード画面へは、アプリプッシュ通知トップ画面の右上
  にあるダウンロードのマークをクリックすることでもアクセスできます。

 件名:【Synergy!】エクスポートが完了しました

 

 ①エクスポート用パスワードを表示します。

 ②エクスポートデータのダウンロード画面へのリンクです。

5.対象のエクスポートデータのダウンロード枠に、コピーしたエクスポート用パスワードを
 ペーストし、右隣にあるダウンロードボタンをクリックしてデータを取得します。

 

エクスポートデータは、30日以内にダウンロードしてください。
操作日から30日経過すると、データは自動的に削除されます。
※エクスポートデータは最新の100件のみ表示されます。

この記事は参考になりましたか?
参考になった参考にならなかった
読み込み中...
この記事への評価、ご指摘がございましたらご入力ください。
※ご入力内容への回答はできません。ご質問はフォームよりお問い合わせください。